充実する働き方研究所

【仕事はもっと楽しめる!】就活、転職、仕事への考え方。。充実する働き方を“考える”ブログ。

就職活動

【会社の選び方】強い会社を見極める!就活生が条件と一緒に注目すべきポイントとは

現在、世の中は売り手市場と言われています。 人口減少による労働者の不足により、求職者はある程度会社を選べるようになってきました。 就活生で言うと複数の会社から内定をもらい、会社同士を比較することもあるでしょう。 そんな時、どうやって会社を選ぶ…

自己分析で本当の自分に近づくやり方とは?「私の理念」を作ろう

自己分析のやり方は、ネットや学校などで数えきれないほど紹介されています。 そのテンプレート通りのやり方は綺麗にまとまりますが、それだけでは自己PRは周りと均一化されていきます。 なぜなら、みんな見ているからです。 自己分析の目的は、就活をクリア…

スポーツフィールドの合同説明会に企業側で参加!体育会系人材の魅力とは

先日、体育会系学生を対象にした「スポーツフィールド」の合同説明会に参加してきました。 今回は、企業目線で感じる体育会系人材の魅力をお伝えしたいと思います。 スポーツフィールドとは? 仕事もスポーツも根本は似ている スポーツのやりがい 仕事のやり…

仕事は会社でするだけじゃない!働く組織の特徴を知ろう

就活や転職で職場選びをする際に、「どんな環境で働くか」を考えますよね。 働く環境というと、すぐに思い浮かぶのは「会社」でしょう。 でも、世の中には会社以外にも働く組織があり、その特徴はそれぞれ異なります。 今回は、業界研究の基礎として、世の中…

【OB逆訪問】1年目社員の後輩学生に、人事が就活相談会を開催した話

こんにちは、じんじろーです。 もう8月がはじまりますね。 私たち人事部では、今年の内々定者もほぼ固まり、無事に採用活動を終えました。 しかし、息つく間もなくすでに次年度の採用活動に向けて動いています。 今年の夏、新たに始めてみた取り組みが1つあ…

文章力がない人は仕事で苦労する!NG例文と覚えるべき文章の基本【就活生も必見】

す採用担当をしていて、ここ2年くらいで学生の文章力が大きく低下したと感じます。 LINEやSNSの普及により、文章と触れる機会が少ない世代なのかもしれません。 (もしくは文章力なんて必要ないと思っているのかも…笑) ただ、仕事をする上ではある程度の文章…

学生が最重視!「楽しく働ける」雰囲気は自分で作るもの

仕事に求めるものは人それぞれの優先順位があると思います。 その中で、みなさんは何を優先しますか? マイナビの調査によると、2019年卒の学生が求める就職観は 1位 33.3% 楽しく働きたい 2位 24.2% 個人の生活と仕事を両立させたい 3位 15.0% 人のためにな…

売り手市場が就職に有利なのはウソ?今の就活生は競争意識が必要

労働者人口不足の影響もあり、今世間では売り手市場と言われています。 売り手市場とは、求職者より求人数が多くなるということです。 つまり就活生にとって有利な状況です。 そのせいか、仕事で大学のキャリアセンターを訪れると、担当者は口を揃えて「今の…

いざ選考へ!グループ面接、個人面接、役員面接それぞれの特徴と対処法

就職活動も、面接までくるといよいよ本番という感じがしてきます。 今まで準備してきた自己分析や企業研究などの集大成が面接の場です。 どうやって自分をアピールしようか考えますよね? そもそも、面接には大まかに段階があります。 その段階によって聞か…

グループワークはこう動く!見られているポイントと対策

就職活動において、選考にグループワークを取り入れている企業は多いと思います。 グループワークはどんなイメージですか? 「人をまとめないといけない」 「多く発言しないといけない」 「コミュニケーション能力が必要」 色々ありますよね。 そもそも、企…

良いエントリーシートの作成方法とは?守るべき基本と考えること

就職活動を進める中で、自己分析と企業研究をある程度終えたら、次はエントリーシートの作成が待っています。近年の就活ではOPEN ESを作成し、各企業に提出する流れがほとんどですよね。 最初は、エントリーシートって何?どう書けばいいの?と思いませんか…

企業研究は勉強ではない?合う会社を探す効果的なやり方とは

就職活動をしている中で、自分に合う会社ってなかなかわからなくないですか? そこで、自分に合いそうな会社を見つけるために企業を調べて理解するのが、企業研究です。 まずは自己分析で自分の要求を理解し、それに基づいて企業研究をする必要があります。 …

職場選びのスタート地点!「自己分析」の進め方と大切なこと

今年も気付いたら6月を迎え、就職活動も盛り上がりを見せてきた頃でしょう。 私たち人事側としては、 今の就活生の選考を行いつつ次年度の採用を計画・準備しています。 自分の会社を良いと思ってもらうために、自社の魅力がより伝わるよう試行錯誤していま…

スポンサーリンク