充実する働き方研究所

【仕事はもっと楽しめる!】就活、転職、仕事への考え方。。充実する働き方を“考える”ブログ。

5ちゃんねるはじめネット掲示板を辞めたら仕事も人生もうまくいく

私は、20代前半の頃インターネットの匿名掲示板(主に2ちゃんねる)に入り浸っていました。

しかし、今はネットの掲示板に書き込むという行為は全くしなくなりました。

結果、今の方が比べ物にならないくらい人生が充実していると感じます。

その私なりの理由を、実体験も含めてお伝えしたいと思います。

もしネットの掲示板等に入り浸っている人、人生充実していないと感じる人がいるなら、一刻も早く抜け出すことをおすすめします。

 

 

 

インターネット掲示板とは?

まず、ネット上の掲示板とはどういうものでしょうか。

電子掲示板(BBS)とも言われているその内容は

コンピュータネットワークを使用した環境で、記事を書き込んだり、閲覧したり、コメント(レス)を付けられるようにした仕組みのこと。

(wikipediaの文章を引用)

です。

この掲示板を利用すると、多くの人と様々な情報交換や意見交換、議論ができます。

特徴としては匿名性が高く、ペンネームなど実名でなくても誰でも気軽に投稿・コメントができます。

(とはいえ個人を特定され裁判沙汰になるケースも多々ありますね)

 

インターネットが普及した1990年代から様々な細かい掲示板がありましたが、中でも有名なのは「2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)」でしょう。

1999年に開設され、ピーク時は訪問者が年1,000万人を越えていたそうです。

現在はSNSやYouTubeなどの普及により勢いは衰えているそうですが。

この2ちゃんねるをはじめ、様々なブログやまとめサイト、YouTubeやYahoo!記事のコメント欄など、現代にはネット上で気軽に意見交換ができる場所が多々あります。

 

ネット上の掲示板に入り浸ると何がダメなのか?

では、ネットに入り浸ると何がダメなのでしょうか。当時の私もふまえて理由をお伝えします。

 

人間の根底にある性善説と性悪説

まずは、人間の特性から考えてみます。

皆さんは、性善説と性悪説という言葉を耳にした事はないでしょうか。

「性善説」とは、人は生まれながらに善の性質を持っているという説。

「性悪説」とは、人は生まれながらに悪の性質を持っているという説。

どちらが正しいかどうかは様々な解釈があるでしょう。

ただ個人的には、人間は性善説と性悪説の両面を兼ね備えた生き物説であると思います。

人間の根底には、良い面(善)もあれば悪い面(悪)もあるということですね。

そのどちらを呼び起こしてくるかは「環境」次第であると思います。

そしてネット上の掲示板は、人の悪を呼び起こす「性悪説」が広まりやすい環境です。

 

ネット上の掲示板は人の悪が蔓延しやすい

では、なぜネット上の掲示板は人の悪「性悪説」が広まりやすいのでしょうか。

その大きな理由として挙げられるのは、匿名性が高いという掲示板の特徴です。

 

・現実で出せない「悪」の部分を晒け出せる

現実世界では、思うがままに生きると都合が悪いことがたくさんありますよね。

きっとストレスも溜まるでしょう。

一種の空想世界とも言えるネット社会では、思うがままの発言をしてもその場で自分に害が生まれることはありません。

なので、ネット社会には現実で抱えた闇を持ち込んでくる人が多いと言えます。

 

・他者に対して批判的・攻撃的になりやすい

ネット社会の中にいる人は、顔も名前も知らない、会うこともほぼない相手です。

日常ではしづらい人への批判、攻撃も簡単にできます。

知らない誰かに当たり散らしてストレス発散という人もいるのではないでしょうか。

 

・自分を平気で偽ることができる

当然、匿名性が高く自分のことを知らない人たちなので、自分を良く見せることもできます。

学歴・年収・容姿・仕事。ここでは理想の自分像を勝手に作ることができます。

もちろん、全ての人が嘘を付いているとは限りませんが。

よく「マウント合戦」と言われるように、人よりも優れた自分を演出することも自由です。

そうすると、周りに勝った気になれます。

 

ちなみにお気づきの方もいるかもしれませんが、これらは全て当時の私が行っていたことです。笑

 

空想世界といえるネット社会でも、自分は現実と繋がっている

「現実では毒なんて吐かないし」と、ネットと現実世界の間でメリハリをつけようと意識することもできます。

しかし、少しでも性悪説が蔓延する環境に身を置いた時点で、脳が物事を悪く捉えるようになります。

ネットの社会で出来上がった性悪説の脳は、現実世界にも引き継がれます。

そうなると、性悪説を持ったまま現実世界を過ごすことになります。

それは人間関係の悪化や仕事への悪影響に繋がる1番の要因であると思います。

物事を悪い方にしか捉えませんから。

中には、ネットの中にも良い人もいますが、割合としては少ないでしょう。

 

社会の中には、意外と良い環境もある

掲示板などのネット社会に入り浸っていると、世の中の全てが悪に思える感覚になりませんか?(私はなりました笑)

ただ、それは世界の闇がネット社会に集まりやすいからです。

人間の根底には善と悪の両面があるはずです。

ということは、世の中に善が集まりやすいような環境もあるのです。

そこでは、助けてくれる人、認められる仕事、楽しめる雰囲気などが出来上がっています。

人の善が集まりやすい環境では、毎日が自然と充実してくるのです。

私の周りでも、毎日充実していると言い切れる環境を見つけることができました。

きっと、他にも善が集まる環境は多々あると思います。

 

悪の環境を捨て、自分から性善説に歩み寄ってみる

ネット中毒という言葉もある通り、ネット社会が自分の居場所と感じてしまう人もいるかもしれません。

「今更遅い」とか「性善説なんて気持ち悪い」とか「洗脳みたい」などと思う人もいるでしょう。

毒でも吐かなきゃやってられないと言いたい人もいるかもしれません。

でも、もしそんな生活抜け出したい、毎日を充実させたいと少しでも思うのであれば、人の悪が集まりやすいネットという環境から抜け出してください。

抜け出すためにやることは2つ。

ネット社会に入り浸る環境をなくすことと、自分から性善説に歩み寄ることです。

ネットに使っている時間を他の何かで埋めるようにしてみてください。

 

まとめ

インターネット上の掲示板を利用している人の状況は様々です。

働いている社会人、フリーターやニート、学生、主婦、こどおじ…。

共通して言えるのは「生活を充実させたいなら現実社会に目を向けた方が良い」ということです。

インターネットの掲示板自体がそれなりに楽しめるものなのは間違いないです。

ただ、人生そのものを楽しむためにも、ぜひ掲示板から抜け出して現実を充実させて欲しいと思います。

私ですら抜け出せたので、きっとできないことはないでしょう。

スポンサーリンク