充実する働き方研究所

【仕事はもっと楽しめる!】就活、転職、仕事への考え方。。充実する働き方を“考える”ブログ。

病院人事から見る看護師転職サイトの使い方「おすすめランキングより自分の適性」

実は私、病院の現場に配属されていた時、看護師専門の人事として採用担当をしていました。

そこでは多数の看護師さんが紹介会社経由で入職しました。

しかし退職になるケースも一定数ありました。

 

私は退職する看護師さんの面談もしていましたが、退職者の共通点は「紹介会社を上手く利用できずミスマッチが起きている」ことです。

その根本の原因は、紹介会社の窓口である転職サイトの使い方です。

 

では看護師は転職サイトをどう使えば良いのか?

そもそも転職で考えるべきことは?

 

色んな情報が飛び交うからこそ、1人でも多くの転職希望の看護師に見て欲しい内容です。

※長いので気になる所からご覧ください笑

 

 

 

看護師資格があればどの病院でも働ける?

看護師も適性に合う働き方を探す

よく専門資格がある仕事は、資格さえあればどこでも働けるから転職が盛んだと言われます。

しかし実際看護師はそうではないと思います。

 

同じ病院でも病床機能や診療科によって、働く環境や向いている性格は大きく違いますよね。

例えば、じっくり患者さんと向き合いたいなら回転の早い急性期は向かないかもしれません。

環境の特徴をそれぞれ理解し、自分の適性に合った病床・診療科で働くことが大切です。

 

転職は適した病院を探す選択肢の1つ

看護師が自分の適性に合う働き方を見つけるためには、少し時間がかかるかもしれません。

新卒の時に興味があった診療科に入職できたとしても、いざ働いてみて「違ったな」と思う人もいます。

逆に現場に入ってみて、「ここの分野をもっと知りたい」と気付く人もいます。

総合病院であれば異動もできますし、多機能の病院を運営しているグループ法人なら、転籍もあるかもしれません。

でもそうでなければ、なかなか経験が広がりにくいですよね。

その経験の幅を広げるための選択肢の1つが、転職なのです。

もちろん、病院の雰囲気や人間関係が嫌で転職する人も多いんですけどね。

 

転職サイトは、担当者の見極めと正しい情報収集が大切

看護師の転職方法は様々です。

ハローワークはもちろん、ナースセンターという都道府県の看護協会が運営している職業紹介サイトもあります。

ただ多忙な看護師の転職は、1番自分の手間を省いてくれる紹介会社を使うことが多いです。

 

しかし、看護師・医療業界という特殊な環境だからこそ、一般企業以上に紹介会社の使い方を理解する必要があります。

私は看護師資格も経験もありませんが、現場に入って近くで業務をすることで気付いた点も多々あります。

そんな私が思うポイントは、担当者の見極めと正しい情報収集です。

 

紹介会社の使い方①「担当者を見極める」

紹介会社の担当者は看護師経験がない

看護師専門の紹介会社で、看護師経験がある担当者はほぼいません。

だいたいが普通の四大卒でしょう。

つまり、病院で働いたことのない人が間に入って、病院で働こうとする看護師の職場を紹介してもらうのです。

それって一歩間違えると怖いですよね。

現場を知らない人が、理解していないまま曖昧な情報を伝えてくる可能性もあるためです。

 

良い担当者の特徴「現場を見にくる」

ただ、担当者に看護師経験がないことが悪い訳ではありません。

働いたことがなくても病院や医療を積極的に学んでいる担当者もいます。

その人の特徴は「どれだけクライアントの病院に足を運んでいるか」に限ります。

私が採用担当の時も、病院が新しい診療を始めたり機材を導入したりすると、決まって見学に来る担当者がいました。

逆に、紹介会社の中で担当者が変わっても、全く来ない人もいました。

現場に足を運ぶ人は、病院を知るだけでなく職員との関係性も築けている人が多いです。

その方が、求職者である看護師により的確な提案ができるのは間違いないでしょう。

 

見極めpoint「あえて医療用語や現場の話を振る」

では、病院に多く足を運んでいる担当者を見分けるにはどうすべきでしょうか。

看護師の皆さんが紹介会社を使う時、必ずエージェントとの面談があります。

そこで、少し専門用語を話してみてください。もしくは、シフトの組み方や夜勤の環境などの詳しい話もしてみてください。

具体的な診療科の内容や、病院として取り組んでいる治療情報などを確認してみてください。

 

病院を積極的に学んでいる担当者は、ある程度答えられるはずです。

わからなくても必ず話に食らいついて、何とか情報を伝えようと努めるはずです。

看護師と近い目線で話せる担当者は、良い転職に繋がる可能性が高くなるでしょう。

 

紹介会社の使い方②「正確な情報収集」

「看護師」「転職」で検索すると紹介会社のメリットだらけ

看護師さんが転職しようとした時、多くの場合まずネットで検索しますよね。

そうすると、様々な紹介会社を紹介するサイトが出てくると思います。

でも、よく見ると紹介会社のメリットを中心に書かれていると思いませんか?

それは、運営者が看護師の転職を促し、紹介会社を使わせて広告収入を得たいからです。

広告収入自体は、立派なビジネススタイルなので特に問題ではありません。

むしろ、それを見た看護師が紹介会社のメリットばかりに目を向けてしまうことが問題です。

情報を伝える以上は、なるべく正確なものを提供してこその広告収入だと個人的に思います。

 

ランキングやサイト比較は無意味

紹介会社のメリットを伝える記事には、おすすめランキングや転職サイトなどが綺麗にまとめられていることが多いです。

でも、正直言って何の根拠もありません。

ランキングもサイト比較も、表面的な情報で構成されているだけです。

非公開求人とか、求人数の多さとか、満足度とか、年収アップ率とか。。。

そこに目を向けるより、まずは「どういう転職にしたいのか」という自分の意志に目を向けて欲しいと思います。

 

客観的な視点と自分の意志があっての情報判断

これは看護師に限りませんが、世の中には色んな情報があります。

それが正しいかの判断は受け手側の責任です。

情報を得たら、本当にそれは自分にとってメリットなのかという客観的な視点は必要です。

 

自分がどういう転職をしたいかによって情報はメリットにもデメリットにもなります。

大切なのは、情報を得る前に自分の意志を固めることです。

 

どんな病院で働くか

→急性期?回復期?クリニック?

どんな診療に関わりたいか

病棟?診療科?

どんな看護がしたい?どの分野に関わりたい?

 

自分の適性を理解し、合う働き方の病棟や診療科を考えてこそ、初めて情報を判断できるのです。

 

紹介会社は上手に使えば良い転職ができる

紹介会社の仕事は、看護師専門であってもなくても「企業と求職者のマッチング」です。

ここでいうマッチングとは、正確な情報と求職者の性格を把握し、適した職場に適した人材を繋ぐことです。

そして、双方にとって良い転職活動を叶えることです。

 

私が看護師採用担当だった時も、本当に職場に合った看護師さんを紹介していただきました。

結果、活躍して役職者になった人もいます。

このようなマッチングができる紹介会社には、喜んで紹介手数料を支払いたいと思います。

 

紹介会社を使って転職をする看護師は、

・自分の適性と希望する働き方を自己分析する

・転職サイトの情報を集めて客観的に考える

・マッチングができる担当者を見極め、しっかり自分の意志を伝える

この三点を意識することが、紹介会社の上手な使い方であると思います。

 

 

私が現場で信頼していた紹介会社

色々とデメリットも述べましたが、紹介会社を利用していたのは事実です。

私は、紹介会社を絞って利用していました。

ある程度信頼できる担当者から紹介を受ける方が効率的だからです。

あくまで個人の所感なので悪しからず。

 

【看護roo!】

株式会社クイック

【ナースではたらこ】

ディップ株式会社

 

【ナース人材バンク】

株式会社エス・エム・エスキャリア

 

【看護のお仕事】

レバレジーズ株式会社

 

【マイナビ看護師】

株式会社マイナビ

 

【ナースパワー人材センター】

※応援看護師という働き方もあります。

 

現場で働いていた中で、上記の紹介会社と良いお付き合いをしていました。

求人の紹介だけでなく、市場の動きや分析データなども提供していただき、非常に参考になりました。

 

看護師こそ、本当に良い働き方をして欲しい

看護師という仕事は本当に大変だと思います。

夜勤などの不規則な勤務体系をはじめ、膨大な仕事量や勉強会などは体力がいるでしょう。

常に命と向き合う戦場のような現場は、精神力も必要です。

医師や他職種・患者さまなど、色んな人間とも関わらなければなりません。

ストレスを抱える人の労務対応もたくさんありました。

 

しかし、忙しい中私のような他職種の人間にも優しく接してくれる慈愛のある方は多いです。

激務な仕事だからこそ、良い働き方ができる看護師が少しでも増えて欲しいと思います。

そのためには、転職で自分の適性に合う働き方を考えることが大切だと思います。

 

ここを見ていただけた看護師さんが少しでも上手に紹介会社を使い、自分に合う転職先を見つけて欲しいと願います。

スポンサーリンク